ヴォロスのJ-REIT講座

J-REITをもっと知ってもらうために。 投資家の皆さまにJ-REIT投資14年の経験をもとにJ-REIT情報を中心にご紹介しているJ-REITブログ

ヴォロスのJ-REIT講座 イメージ画像

更新情報

 2021年1月14日にエネクス・インフラ投資法人の決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金が6,000円のところ6,000円で着地しました。尚、利益超過分配金3,354円が含まれています。自己資金のによる新規発電所の取得は〇 エネクス・インフラ投資法人は、投
『エネクス・インフラ投資法人・第3期(2020年11月期)決算・一口当たり分配金は6,000円』の画像

 2021年1月14日にタカラレーベン・インフラ投資法人の決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金が3,308円のところ3,512円で着地しました。尚、利益超過分配金143円が含まれています。資本的支出といえども侮れない 2020年11月期は外部成長の動きは有りま
『タカラレーベン・インフラ投資法人・第10期(2020年11月期)決算・一口当たり分配金は3,512円』の画像

 2021年1月15日にアクティビア・プロパティーズ投資法人の決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金が9,040円のところ9,547円で着地しました。梅田ゲートタワーの新規テナント候補は引き続き継続すべき 2020年11月期は新規の物件取得、運用物件の譲渡とい
『アクティビア・プロパティーズ投資法人・第18期(2020年11月期)決算・一口当たり分配金は9,547円』の画像

 2021年1月15日にユナイテッド・アーバン投資法人の決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金が2,300円のところ3,119円で着地しました。地方の商業施設の方が回復が早い 2020年11月期の外部成長は2020年6月30日にレッドウッド成田ディストリビューション
『ユナイテッド・アーバン投資法人・第34期(2020年11月期)決算・一口当たり分配金は3,119円』の画像

 スターアジア不動産投資法人が資産の運用を委託するスターアジア投資顧問㈱は、投資法人が、投資主利益の最大化を追求するとともに、上場不動産投資法人として社会的役割を果たすことも重要であるとの認識のもと、環境への負荷低減や社会的な課題の解決に資することが必要
『スターアジア不動産投資法人・まともな投資家さんには相手にされないのでESG投資家に力を入れる作戦を開始』の画像

 インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人が2020年12月に実施した自己投資口の取得状況について公表しました。2020年12月の自己投資口の取得状況 ①取得した投資口の総数:41,561口 ②投資口の取得価額の総額:585,162,530円 ③取得期間:2020年12月16日~2020年12月

 ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人は運用しているヘルスケア施設「SOMPOケアラヴィーレ神戸垂水」において、物件の賃借人兼オペレーターである SOMPOケア㈱より入居者及び職員への新型コロナウイルスの感染が判明した旨の連絡を受けたと発表しました。 2021

 ケネディクス・オフィス投資法人は、保有するKDX浜松町プレイス及び新橋M-SQUAREBrightについて、建築物省エネルギー性能表示制度(Building-HousingEnergy-efficiency Labeling System)の評価を取得したと発表しました。BELS評価取得物件 物件名:KDX浜松町プレイス  

 野村不動産マスターファンド投資法人が運用中のレッドネット沖縄那覇に関し賃借人と定期建物賃貸借契約の解約について合意したと発表しました。【出典:野村不動産マスターファンド投資法人HPより】異動テナント ①物件名称:レッドプラネット沖縄那覇 ②テナント名称:㈱
『野村不動産マスターファンド投資法人・レッドプラネット沖縄那覇でテナントの異動発生』の画像

 ㈱日本格付研究所(JCR)がジャパン・ホテル・リート投資法人の格付けの方向性をA(安定的)からA(ネガティブ)に変更したことを発表しました。グリーンファイナンス・フレームワーク評価結果 総合評価:Green1(F) グリーン性評価(資金使途):g1(F) 管理・運営・透明性評

 2021年1月5日に㈱日本格付研究所(R&I)がジャパン・ホテル・リート投資法人の格付けの方向性をA(安定的)からA(ネガティブ)に変更したことを発表しました。 ジャパン・ホテル・リート投資法人は国内最大のホテル特化型REIT。コロナ禍で大きく落ち込んだホテルの売り上げは、

↑このページのトップヘ