ヴォロスのJ-REIT講座

J-REITをもっと知ってもらうために。 投資家の皆さまにJ-REIT投資13年の経験をもとにマーケット情報を中心にご紹介

ヴォロスのJ-REIT講座 イメージ画像

更新情報

 2018年11月期決算のJ-REITのNAV倍率、含み益、稼働率の推移を見ていきます。・NAV倍率  NAV倍率ですが5月・11月決算の投資法人についてはNAV倍率が減少傾向にあります。理論的な投資口価格と実際の投資口価格の乖離が小さくなってきていることの表れなのですが、J-REITが
『2018年11月期決算J-REIT分析③その他の分析』の画像

 2018年11月期決算のJ-REITの安全性について分析しました。・有利子負債利子率 5月・11月決算投資法人の有利子負債利子率は大きな変動はありませんでした。レンダーから借入る際の金利は今後も低めの水準で推移していくことが予想されます。DSCRベースでみても大江戸温泉リ
『2018年11月期決算J-REIT分析②安全性指標』の画像

 2018年11月期決算のJ-REITの収益性について分析しました。・NOI利回り NOI利回りのNOIは賃貸事業収入から賃貸事業費用を差し引き、減価償却費をプラスすることで算出しています。5月・11月決算の投資法人にNOI利回りについては基本的には前期並みですが一部減少している投
『2018年11月期決算J-REIT分析①収益性指標』の画像

 2018年1月24日に阪急阪神リート投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり3,000円のところ3,117円で着地しました。やっと外部成長の狼煙が上がる 2018年11月期は2018年において2回目となる一般募集(公募)による新投資口の発行(第28期)を決議し、併せて「
『阪急阪神リート投資法人 第27期(2018年11月期)決算』の画像

 2018年1月22日に大江戸温泉リート投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり2,435円のところ2,466円で着地しました。尚、利益超過分配金が12円含まれています。現状の分析がしっかりできている 2018年11月期末時点で保有する温泉・温浴関連施設14物件(取得価
『大江戸温泉リート投資法人 第5期(2018年11月期)決算』の画像

 2018年1月18日に日本プロロジスリート投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり4,400円のところ4,429円で着地しました。尚、利益超過分配金が445円含まれています。スポンサーのリーシング力は認めざるを得ない 物流不動産市場においては、生産拠点の海外シ
『日本プロロジスリート投資法人 第12期(2018年11月期)決算』の画像

 2018年1月21日に大和証券オフィス投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり11,850円のところ11,997円で着地しました。外部成長とリーシングにより分配金上昇 2018年11月期における運用面は巡航EPS(物件売却益を控除したEPS(1口当たり当期純利益))
『大和証券オフィス投資法人 第26期(2018年11月期)決算』の画像

 一般社団法人日本ショッピングセンター協会から2018年12月時点のSC販売統計調査報告が公開されておりますのでご紹介致します。 URL SC販売統計調査報告2018年12月 2018年12月度の既存SC売上高は前年同月比+1.4%と3ヶ月ぶりに前年を上回りました。土日祝日数が前年
『SC販売統計調査報告2018年12月』の画像

 JCRが投資法人みらいの信用格付けの評価をA+(安定的)からA+(ポジティブ)に変更したと発表しました。JCRでは以下の点を特に評価しています。■格付事由 投資法人みらいの上場時ポートフォリオは15物件、取得金額総額1,007億円であったが、アセットバランスを意識しながら順

↑このページのトップヘ