ヴォロスのJ-REIT講座

J-REITをもっと知ってもらうために。 投資家の皆さまにJ-REIT投資13年の経験をもとにマーケット情報を中心にご紹介

ヴォロスのJ-REIT講座 イメージ画像

更新情報

 2016年7月15日に阪急リート投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり2,600円のところ2,775円で着地しました。  福岡リートに続き注記表を省略している投資法人です。おかげで賃貸事業損益の分析がしにくくて、投資家に向けてより透明性をもった開示を要求さ
『阪急リート投資法人第4期(2016年4月期)決算』の画像

 2016年6月15日にアクティビア・プロパティーズ投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり8,529円のところ8,666円で着地しました。  ところでこの投資法人は一口あたりNAVと株価のかい離が大きすぎるところが気になりますね。実態よりも市場が高く評価してい
『アクティビア・プロパティーズ投資法人第21期(2016年5月期)決算』の画像

 2016年7月15日に大和証券オフィス投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり9,850円のところ10,508円で着地しました。  目を引いたのが決算説明会資料7ページ目の賃料収入の推移です。前期に比べ内部成長での賃料増額分がだいぶ低くなってしまいました。それ
『大和証券オフィス投資法人第21期(2016年5月期)決算』の画像

 2016年7月13日に投資法人のユナイテッド・アーバン決算が発表されました。当初の予想一口当たり2,950円のところ3,000円で着地しました。  ユナイテッド・アーバンはオフィスやレジデンス、リテールも揃えた総合型のJ-REITです。まあ、オフィスが少し多めですが。ホテルや
『ユナイテッド・アーバン投資法人第25期(2016年5月期)決算』の画像

 パイプラン契約、スポンサーサポート契約など各投資法人によって表現の仕方はいろいろありますが各投資法人がオフィス、レジデンス、リテール(商業施設)、ホテル、シニア、物流施設いろいろあってもスポンサーのお行うJ-REITにおける仕事は「どこも同じ」です。①J-REIT(投

 インフラファンドの期待が高まっている今日この頃ですがそもそもインフラファンドの売電収入はどの程度安定しているものなのでしょうか。インフラファンドを巡る法律「固定価格買取制度」を簡単にご説明します。 正式な名称は再生可能エネルギーの固定価格買取制度は、再

 2016年6月20日に日通総合研究所からニュースレターが公開されました。https://www.nittsu-soken.co.jp/report/index.html   昨日ご紹介した富士物流の物流経済の好調を示すものとは違いトラックドライバーの運転者不足を危惧する内容でした。 このレポートでは代替可能

 2016年7月12日にタカラレーベン・インフラ投資法人の決算が発表されました。 インフラファンドとして初の決算発表ですが、まだ物件の取得を行っていない状態での決算ですので目新しいものは特に有りません。しかし、これから上場を考えているインフラファンドはこのタカラ

 物件の運用に係る費用のうち修繕費は大きな割合を占めます。今日はその「修繕費」の取り扱いについて事例をお話ししたいと思います。 一般的に賃貸借契約書にて貸主からテナントに賃貸する場合はあくまで空間を賃貸するのですが稀に機械装置など設備部分も含めて賃貸する

 賃貸で借りたマンションの1室を、会議室として貸し出す「会議室シェアビジネス」をご存じでしょうか。 http://hbol.jp/97542 会社員の一方、副業として新宿と渋谷に5軒の会議室を運営している方のインタビュー記事が載っていました。 「『スペイシー』という会議室シェ

国税庁が2016年7月1日に路線価を公表しました。 路線価は相続、遺贈又は贈与により取得した財産に係る相続税及び贈与税の財産を評価する場合に適用される評価額です。税理士さんとかは相続税評価額と言う方もいらっしゃいます。 この路線価は、売買実例価額、公示価格、不
『国税庁2016年分の路線価を公表』の画像

↑このページのトップヘ