2016年3月15日にのイオンリートの決算が発表されました。
 当初の予想一口当たり2,710円のところ2,790円で着地しました。

一応、入国者のインバウンド需要を享受できているかと思われる営業収入の増加です。

 イオンリートのスポンサーはスーパーマーケットの大手イオンです。イオンとしては出店計画などで不動産のことを知る機会が多いのだとは思いますが、REITの何に興味があってREITに参画することになったのかずっと疑問でした。(もちろん決算説明会資料や招集通知に記載されておられるメッセージは信じていませんよ)

 イオンは店舗の経年劣化等による修繕、リニューアル工事。これらの費用を投資法人の投資家のお金で賄おうと考えたのだと思います。でなければ、何で設立後3年しか経っていないのに大規リニューアルが発生するのでしょうか。(決算説明会資料23~25ページ)イオンモール熊本の照明をLED化して何が活性化したのでしょうか?

 ひさびさに投資家を小バカにしている決算説会資料を拝見いたしました。