2019年9月30日にケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人が阿佐ヶ谷のレジデンスを取得すると発表しました。
20191010KDXレジデンス阿佐ヶ谷II
【引用元:ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人HPより】

取得資産の概要

  ①取得資産:KDXレジデンス阿佐ヶ谷II
  ②取得価格:939百万円
  ③鑑定評価額:982百万円(2019年9月1日時点)
  ④売買契約締結日:2019年9月30日
  ⑤引渡日:2019年10月29日
  ⑥取得先:非開示
  ⑦取得資金:借入金及び自己資金 
  ⑧支払方法:引渡時全額支払
  ⑨立地:KDXレジデンス阿佐ヶ谷IIは、JR中央本線「阿佐ヶ谷」駅から徒歩約4分、東京メトロ丸ノ内線「南阿佐ヶ谷」駅から徒歩約4分と両駅の中間に位置し、「阿佐ヶ谷」駅からは中央線快速を利用して「新宿」駅まで約11分、「東京」駅まで約25分、「南阿佐ヶ谷」 駅からは丸ノ内線を利用して「霞ヶ関」駅まで約25分と、都心のターミナル駅や地下鉄網へのアクセスが良好な高い交通利便性を有しています。
 「阿佐谷七夕まつり」や「阿佐谷ジャズストリート」といった人気イベントが毎年開催されるなど文化的側面での魅力や、都内有数の商店街「阿佐谷パールセンター」を代表とした商業集積による高い生活利便性を兼ね備えた、居住エリアとして人気の高い地域となっています。
 
 外観を見るとデザイナーマンションの色が濃いので取得後の運用の稼動率については未知数です。写真からだと分かり辛いのですが、賃貸可能戸数は32戸でかつスモール・ファミリータイプということで退去が起こりやすいと考えられます。ファミリータイプの賃貸マンションは地方では入居までこぎつければ類似物件が少ないため稼働率は安定しやすいのですが、都心の場合は類似物件が多数存在するため注意が必要です。阿佐ヶ谷は割と住みやすいエリアなので立地は魅力的ですが各部屋の広さが微妙なので子供がいるファミリーには狭いと思います。同棲仕立ての夫婦がメインターゲットになると考えられますがそうそう都合よく見つかるかどうか・・・。