観光庁が2019年11月29日に宿泊旅行統計調査(2019年9月・第2次速報、2019年10月・第1次速報)を発表しましたのでご紹介します。

20191202延べ宿泊者数推移
 2019年9月の延べ宿泊者数(全体)は、4,375万人泊で、前年同月比-1.5%でした。また、10月の延べ宿泊者数(全体)は4,648万人泊で、前年同月比-0.2%となりました。日本人延べ宿泊者数は、9月は、前年同月比-2.1%となりました。 また、10月は前年同月比-2.8%となっています。外国人延べ宿泊者数は、9月は、692万人泊で、前年同月比+1.7%であり9月としては先月に続きましたもや調査開始以来の最高値でした。また、10月は前年同月比+11.7%となっています。
 9月の国籍(出身地)別外国人延べ宿泊者数は、第1位が中国、第2位が台湾、第3位がアメリカ、第4位が香港、第5位が韓国で、上位5ヵ国・地域で全体の66.0%を占めています。伸び率でみると、イギリス(前年同月比+102.6%)等が大幅に拡大しました。

20191202施設タイプ別客室稼働率推移
 2019年9月の客室稼働率は全体で62.7%となりました。また、10月は全体で63.3%でした。2019年9月に客室稼働率が80%を超えた都道府県は、リゾートホテル2箇所(2018年9月:2箇所)、 ビジネスホテル8箇所(前年同月:9箇所)、シティホテル9箇所(前年同月:11箇所)です。全体の稼働率では、東京都が79.4%と全国で最も高い値となりました。

 10月にもなるとリゾートホテルや旅館の客室稼働率は収束していますね。ただし観光地として海外に知れ渡っている大阪府は話は別。また、東京ディズニーランド目的なのか千葉県のリゾートホテルも84.2%とリゾートホテルとしては健闘しています。ビジネスホテルについては関東近辺の東京都、神奈川県、千葉県が80%台で高くなっています。地方では北海道が82.4%、岡山県が83.7%、広島県が80%となっています。特に広島はマリモ地方創生リート投資法人のスポンサーである㈱マリモのお膝元でもあるためマリモ地方創生リートには追い風になっていることだと思います。私の働いている会社では北海道のホテの引き合いが多かった印象ですが、北海道はビジネスホテルの他、シティホテルの貝道理も83.4%となっており好調でした。やっぱり東京オリンピックのマラソン開催地としての追い風が早くも影響していると考えられます。