2020年7月15日にジャパン・インフラファンド投資法人の決算が発表されました。
分配金は当初の予想一口当たり分配金が1,166円のところ2,927円で着地しました。
尚、利益超過分配金が614円含まれています。ジャパン・インフラファンド投資法人は上場後初の決算となります。

九州地方の発電所を取得しなかったのとは◎
20200727ジャパン・インフラファンド投資法人財務指標

 ジャパン・インフラファンド投資法人は、投信法に基づき、資産運用会社であるジャパン・インフラファンド・アドバイザーズ㈱を設立企画人として、2019年10月24日に出資金120百万円(1,200口)で設立され、2020年2月19日に公募による投資口の追加発行(70,500口)を行い、2020年2月20日に㈱東京証券取引所インフラファンド市場に上場しました。3月25日には、第三者割当による新投資口の発行(1,620口)を実施し、この結果、2020年5月31日現在の発行済投資口の総口数は73,320口となりました。

 取得15物件

 ①埼玉久喜太陽光発電所(所在地:埼玉県久喜市)、取得価格202百万円
 ②広島生口島太陽光発電所(所在地:広島県尾道市)、取得価格414百万円
 ③石川花見月太陽光発電所(所在地:石川県鹿島郡)、取得価格648百万円
 ④石川矢蔵谷太陽光発電所(所在地:石川県羽咋郡)、取得価格811百万円
 ⑤石川輪島門前太陽光発電所(所在地:石川県輪島市)、取得価格612百万円
 ⑥和歌山太地太陽光発電所(所在地:和歌山県東牟婁郡)、取得価格178百万円
 ⑦三重紀宝太陽光発電所(所在地:三重県南牟婁郡)、取得価格182百万円
 ⑧茨城大子1号・2号太陽光発電所(所在地:茨城県久慈郡)、取得価格900百万円
 ⑨石川内灘太陽光発電所(所在地:石川県河北郡)、取得価格656百万円
 ⑩富山高岡1号・2号太陽光発電所(所在地:富山県高岡市)、取得価格1,037百万円
 ⑪富山高岡3号太陽光発電所(所在地:富山県高岡市)、取得価格425百万円
 ⑫富山上市太陽光発電所(所在地:富山県中新川郡)、取得価格380百万円
 ⑬石川能登明野太陽光発電所(所在地:石川県鳳珠郡)、取得価格619百万円
 ⑭石川能登合鹿太陽光発電所(所在地:石川県鳳珠郡)、取得価格1,034百万円
 ⑮石川金沢東長江1号・2号太陽光発電所(所在地:石川県金沢市)、取得価格1,992百万円

 2020年5月期は上場時に取得した上記15物件の運用に注力しました。ポートフォリオ合計のパネル出力30.4MW、取得価格合計1,992百万円となっています。2020年5月期の業績は、実績として営業収益382百万円、営業利益158百万円、経常利益41百万円、当期純利益40百万円となりました。他のインフラファンドとの違いとして石川県と富山県いう北陸地方の発電所が多いポートフォリオとなっています。これまでインフラファンドが主に取得していた福岡県、大分県などの九州エリアの物件をジャパン・インフラファンド投資法人は取得していません。北関東エリアも発電所が多いエリアではありますが1物件のみに留めています。
 まあ、今後は取得する機会もあると思いますが、九州に存在する発電所が九州電力㈱による出力抑制の被害を受けている現状では九州地方の発電所を取得しないことは良い判断だと思います。
 

新潟縣信用組合は心中する気で支援してほしい

 資金調達は2020年2月19日に公募による投資口の追加発行(70,500口)を行い、翌日、東京証券取引所インフラファンド市場に上場しました。さらに同年3月25日には、第三者割当による新投資口の発行(1,620口)を実施しました。この結果、2020年5月期末時点における出資総額は6,690百万円、発行済投資口の総口数は73,320口となっています。
 また、再生可能エネルギー発電設備等15物件の取得資金及びそれに関連する諸費用(消費税及び地方消費税含む。)に充当するため、2020年2月21日付にて、5,900百万円の資金の借入れを行いました。2020年5月期において約定返済(計115百万円)を行った結果、2020年5月期末の借入残高は5,785百万円となり、LTVは45.8%となりました。

 スポンサーは丸紅㈱なのですが、投資主上位10社の中に新潟縣信用組合、大和信用金庫という信金・信用組合がいるというところから北陸地方、近畿地方の物件が多い理由が頷けると思います。奈良件、三重県は冬の気候は比較的安定しているようですが、石川県、富山県の発電所は冬も安定して発電し続けられるのかは微妙です。新潟県のような豪雪地帯からは離れているとは言えますが・・・。全体的にインフラファンドは固定価格買取制度見直しに振り回されていますが、各々運用経験・ノウハウを積み重ね今よりも投資家さんにとって良い投資商品に育っていって欲しいですね。