フロンティア不動産投資法人が2020年7月29日が運用中のららぽーと新三郷アネックスにスーパースポーツゼビオがオープンしたと発表しました。

 ららぽーと新三郷アネックスは投資法人がスポンサーの三井不動産㈱が運営している大型の複合施設です。2009年9月に開業した三井不動産株式会社が運営するリージョナルショッピングセンターです。H&M、HOLLISTER、ZARAなどの人気ファストファッションや、ニトリ、エディオン、アカチャンホンポ、無印良品、ラウンドワンなど多種多様なテナント180 店舗で構成されています。建物2階部分がペデストリアンデッキで「新三郷」駅と直結しており、駅ビルとしての機能も有しています。商圏人口は3km圏で10.5万人、5km圏で31.8万人と潤沢な人口ボリュームを有しています。

20200806ららぽーと新三郷アネックス

物件名:ららぽーと新三郷アネックス
所在地:[アネックス棟]埼玉県三郷市新三郷ららシティ二丁目1番1号、[本体棟]埼玉県三郷市新三郷ららシティ三丁目1 番1号
敷地面積:[アネックス棟]3,305.39㎡、[本体棟]85,153.29㎡
延床面積:[アネックス棟]7,772.99㎡、[本体棟]136,161.36㎡
取得価格:23,770百万円
建築時期:[アネックス棟]2012年4月13日[本体棟]、2009年8月6日


20200806ららぽーと新三郷アネックス収益推移

 8月は本来であれば後楽シーズンなのでしょうが、今年はコロナ環境下でもあるため営業時間が変更になっています。営業時間は当面の間10:00~20:00までです。2019年12月期はアネックス棟の転貸先テナントの解約が発表されたこともあり収益が減少していましたが、2020年3月9日にスーパースポーツゼビオが入居したことで稼働率は持ち直しているはずです。フロンティア不動産投資法人は福岡リート投資法人と違い自信が無いのか月次の稼働率を公表していませんが・・・。

 しかし、今月に2020年6月期の決算が発表されるはずですが、収益状況は更に悪化しているものと考えられます。賃料減額要請を受けている可能性は高いです。それでも「ららぽーと」は地域のライフラインを支えるだけでなくアミューズメント施設も兼ねており、競争力の高い物件であることは間違いないと思います。