高齢者向けの施設や住宅にはどのようなものがあるかシニア系REITに投資をお考えの方に
簡単にまとめてみました。

 高齢者向けの施設や住宅には、その目的や提供するサービスの違いなどによってさまざまなものが
あります。これらは、福祉施策の観点から厚生労働省において普及を進めている特別養護老人ホー
ムなどの施設と、住宅施策の観点から国土交通省において普及を進めている高齢者向け賃貸住宅に
大きく分けられます。

【老人ホーム等の施設の種類と概要】
○特別養護老人ホーム
 65歳以上の者であって、身体上又は精神上著しい障害があるために常時の介護を必要とし、かつ、
居宅においても常時の介護を受けることが困難な高齢者に対して、入所サービスを提供する施設で
す。要介護者(要介護1以上の方)が対象です。
○老人保健施設
 要介護者に対し、在宅復帰を目指して、看護、医学的管理下での介護、機能訓練等の必要な医療、
日常生活上の世話を行うことを目的とした施設です。要介護者(要介護1以上の方)が対象です。
○介護療養型医療施設
 療養病床等をもつ病院又は診療所の介護保険適用部分に入院する要介護者に対し、療養上の管理、
看護、医学的管理の下における介護その他の世話、機能訓練その他必要な医療を行うことを目的と
する施設です。要介護者(要介護1以上の方)が対象です。
なお、介護療養型医療施設は、平成23年度末までに廃止されることになっています。
○軽費老人ホーム(ケアハウス、A型、B型)
 低額な料金で、家庭環境、住宅事情等の理由により居宅において生活することが困難な老人を入所
させ、日常生活上必要な便宜を供与する施設です。
 軽費老人ホームには、生活相談、入浴サービス、食事サービスの提供を行うとともに、車いすでの
生活にも配慮した構造を有する「ケアハウス」を主として、他に食事の提供や日常生活上必要な便宜
を供与する「A型」、自炊が原則の「B型」があります。
○養護老人ホーム
 65歳以上の者であって、環境上の理由及び経済的理由により居宅での生活が困難な者を入所させ、
社会復帰の促進や自立した生活を送ることができるよう必要な指導及び訓練等を行う施設です。
○有料老人ホーム
 老人を入居させ、入浴・排せつ・食事の介護、食事の提供、洗濯・掃除等の家事、健康管理を提
供することを目的とする施設です。
 有料老人ホームには、ホームの職員が介護保険のサービスを提供する「介護付」、ホームは介護
サービスを提供せず、入居者が要介護状態となった場合は入居者自らが外部の介護サービス事業者
と契約して介護サービスを利用する「住宅型」、ホームは介護サービスを提供せず、介護が必要と
なった場合には契約を解除して退去する「健康型」があります。
○認知症高齢者グループホーム
 認知症の高齢者が、小規模な生活の場(1単位5人~9人の共同居住形態)に居住し、食事の支度、
掃除、洗濯等をグループホームの職員と共同で行い、家庭的で落ち着いた雰囲気の中で生活を送る
ことを目的とするものです。要支援者(要支援2のみ)、要介護者(要介護1以上の方)が対象で
す。

【高齢者向けの賃貸住宅の種類と概要】
○シルバーハウジング
 公営住宅やUR都市再生機構賃貸住宅などの公共賃貸住宅のうち、住宅をバリアフリー化するとと
もに、生活援助員(ライフサポートアドバイザー)が、生活相談や緊急時対応などのサービスを提
供するものです。
○高齢者向け優良賃貸住宅(高優賃)
 床面の段差をなくし、手すりを設けるなどバリアフリー化した構造・設備が備わっているととも
に、緊急時対応サービスが受けられる住宅として、都道府県知事が認定した住宅です。整備費及び
家賃の減額に対する助成制度があります。
○高齢者円滑入居賃貸住宅(高円賃)
 高齢者の入居を拒否しない住宅として、都道府県知事に登録された住宅です。住宅の広さ、家賃、
バリアフリー化の状況などについて情報提供がなされます。高齢者居住支援センターによる家賃債
務保証制度を活用できます。
○高齢者専用賃貸住宅(高専賃)
 高齢者円滑入居賃貸住宅(高円賃)のうち、特に高齢者の単身・夫婦世帯を入居対象とするもの
です。住宅の広さ、家賃、バリアフリー化の状況などのほか、入居者が共同で利用できる居間、食
堂、台所、浴室などの有無、入居者に対する食事、介護、家事援助などのサービス提供の有無につ
いての情報も提供されます。