ヴォロスのJ-REIT講座

J-REITをもっと知ってもらうために。 投資家の皆さまにJ-REIT投資13年の経験をもとにマーケット情報を中心にご紹介

ヴォロスのJ-REIT講座 イメージ画像

レジデンス系J-REITの留意点

 安定性ばかり注目されるのは解ったが、収益性も大事だという欲張りな方にはレジデンスと その他のアセットを組み合わせた総合型REITがオススメです。 「総合型リート」と名乗っている投資法人のほとんどがレジデンスを半数程度組み合わせています。 検討される場合はた

 賃貸にお住いの方やご自身でマンションなどをお持ちの方は解るかと思いますが、賃貸借契約 期間は一般的に2年です。その約1/3程度が2年後に退去します。 築年数が経過しているほど、新規入居者との契約機会が減少します。周辺の競合住宅との賃料 下落競争にも巻き込まれ

 レジデンス(住宅)は賃料を払うの人が「個人」(社宅扱いになっているものは除きます)です。 皆さんは自分がもしマンションやアパートに引っ越すとしたらどのような条件で物件を探し ますか?。築年数が浅くて駅に一番近いエリアで探すのではないでしょうか。その後、払える

 物件売却における流動性の高さも大きな特徴の一つです。レジデンス(住宅)の場合はオフィス やリテールなどと違い1棟当たりの価格が低いため法人だけでなく、個人の方に売却するケース もあり売却候補先の絶対数が多いため、物件売却においては投資法人の「売り手市場」に

 レジデンス(住宅)を運用しているJ-REITに投資する一番のメリットは分配金の安定感が一番 すぐれているということが上げられます。レジデンス特化型のREITはそのほぼすべての投資 法人の運用物件数が100棟を超えています。分配金の安定の根本的な要因の一つがこの物件数 

①安定感抜群の投資商品 レジデンス(住宅)を運用しているJ-REITに投資する一番のメリットは分配金の安定感が一番 すぐれているということが上げられます。レジデンス特化型のREITはそのほぼすべての投資 法人の運用物件数が100棟を超えています。分配金の安定の根本的な要

↑このページのトップヘ