ヴォロスのJ-REIT講座

J-REITをもっと知ってもらうために。 投資家の皆さまにJ-REIT投資12年の経験をもとにマーケット情報を中心にご紹介

ヴォロスのJ-REIT講座 イメージ画像

口座開設はこちら

 2018年の1月から今までのNISAに加えて「つみたてNISA制度」が始まります。つみたてNISAとは現行NISAと同様に、投資した値上がり益や配当金・分配金にかかる税金が非課税になる積立に特化し、非課税期間が20年と長いのが特長です。 つみたてNISAのポイント ①開始は2018年1
『つみたてNISAとは』の画像

 J-REIT投資に挑戦したいと思ったら、まずは証券口座を作る必要があります。。ネット専業の証券会社から店舗型証券会社まで、たくさん証券会社がありますが、自分の投資スタイルに合う証券会社を選ぶことが最も重要です。 証券会社によって手数料やサービスが違いますから

2017年12月28日に更新しました。 J-REITに投資して分配金を受け取りたい、J-REITの株主優待に魅力を感じる。でもどこの証券会社で口座開設したら良いか解らない。という資産運用初心者の方は新成人の方に私の使っている口座をご紹介いたします。J-REIT運用をマネックス証券

2014年1月から「NISA(ニーサ)〔=少額投資非課税制度〕」がスタートしています。 NISAとは、「株や投資信託(投信)などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度」です。NISA口座で取引をすると、税金面で大きなメリットが受けられます。これから投資を始め
『NISA口座とは?』の画像

1.ジュニアNISAとは具体的にどんな制度なのか? 「ジュニアNISA(ジュニアニーサ)」は、2016年4月から始まっている制度です。同この制度では、未成年(0~19歳)を対象に、年間80万円分の非課税投資枠から得られた譲渡益、分配金・配当金に対して、税金が非課税になります
『ジュニアNISAとは?』の画像

↑このページのトップヘ