ヴォロスのJ-REIT講座

J-REITをもっと知ってもらうために。 投資家の皆さまにJ-REIT投資13年の経験をもとにマーケット情報を中心にご紹介

ヴォロスのJ-REIT講座 イメージ画像

統計・レポート

 2016年3月時点ですが景気動向の参考になるかと思いますので貼っておきます。2015年12月時点では、不動産業は建設業と同じくかなり下振れると予想していたのですね。しかし、2015年12月から2016年3月時点では大企業のうち不動産については4ポイント、建設は2ポイント上昇、
『2016年3月度の日銀短観の感想』の画像

 最近はインバウンド需要という言葉が浸透してるらしく特段何の工夫もないのにホテルを持っているというだけで投資口価格が上がっているホテル系REITもあります。実際にホテルを持っているわけではありませんが、私が働いている会社にもホテルを売りませんか?買いませんか?

 レジデンス系のRIETや私募ファンド、その他の不動産ファンドに投資している方々はこのレポートは参考になるのではないかと思います。 マーケットレポートで必要なのは空室率と基準賃料です。それが各主要エリアごとにあれば不動産をあまり知らない方でも感覚はつかめると
『HOME'S 賃貸レポート2016年2月』の画像

 さすが金融機関系シンクタンク、分配金の原資となる賃料や市場動向などのレポートかと思いきや目玉は「2015年、J-REITが東京都市部で新築・築浅の賃貸マンションの取得を増やすことができた要因」というもの。 やっぱり金融機関が母体の会社ですから、そして日本のレンダ

 賃料インデックスなど不動産系の調査レポートが多く公開されています。 しかし、そんなのよりもこのシンクタンクのレポートで重要なのは「私募ファンド市場動向」です。上場しているJREITと比べ私募REITは情報が少ないため得られる情報は何でも欲しいものです。 私募の良
『三井住友トラスト基礎研究所「私募ファンド市場動向」』の画像

 昨日の三鬼商事オフィスレポートと同様にCBREもオフィスのマーケットレポートを定期的に開示しています。CBREは不動産のAMやPM等を行う外資系の企業です。J-REITにはPM会社やマーケット調査会社として投資法人と取引があります。 しかし、開示しているレポートは三鬼商事

 三鬼商事では毎月内容の濃いマーケットレポートが公開されています。 この空室率や賃貸面積などの根拠は三鬼商事の管理している物件や、オフィスビルのテナント仲介などの業務から得た情報から集計しています。URL https://www.e-miki.com/market/office.html 私は主に
『三鬼商事オフィスリポート(2016年3月時点)』の画像

 一五不動産情報サービスが2016年2月29日に開示したマーケット調査です。 1.4.7.10月の四半期ごとに開示しているものなので次回は2016年5月に4月のデータが紹介されると思います。時間がまだあるのでここで2016年1月までをご紹介します。URL http://www.ichigo-re.co.jp/ca
『物流施設の賃貸マーケットに関する調査(2016年1月時点)』の画像

 。大手地方銀行の合併により、北関東エリアに注目が集まっています。果たして不動産投資にも影響が出てくるのでしょうか。 一昨年の横浜銀行と東日本銀行の経営統合に続き、昨年10月には常陽銀行と足利ホールディングスの来秋の経営統合が報道された。統合すると、預金量

J-REITのエリア戦略・仙台仙台のオフィス市況は東日本大震災の復興とともに改善が続いてきました。2014年半ばから空室率の改善は止まり、空室率は10%~11%台で推移しています。 仙台の築浅ビルはコールセンター需要による下支えがありますが、本来は都心に本社がある企業の

J-REITのエリア戦略・名古屋 投資家の皆さまが投資するJ-REITがどの地域に物件を保有しているのかということは重要な関心ごとだと思います。今日はトヨタのお膝元でも名古屋エリアの状況を書きていきます。 不動産価格が高止まりしている状況では、都内の物件を購入するこ

↑このページのトップヘ