ヴォロスのJ-REIT講座

J-REITをもっと知ってもらうために。 投資家の皆さまにJ-REIT投資13年の経験をもとにマーケット情報を中心にご紹介

ヴォロスのJ-REIT講座 イメージ画像

J-REIT・オフィス系

 2019年5月15日にユナイテッド・アーバン投資法人が変なホテル東京浜松町の取得を完了したと発表しました。取得資産の概要  ①取得資産:変なホテル東京浜松町    ②取得価格:4,456百万円   ③鑑定評価額:4,600百万円(2018年12月1日時点)  ④売買契約締結日:2019年1

 2019年5月16日にジャパンリアルエステイト投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり分配金が9,550円のところ9,697円で着地しました。バランスの取れた物件取得 2019年3月期の外部成長は、2019年1月23日にフロントプレイス南新宿(東京都渋谷区)を9,250百万
『ジャパンリアルエステイト投資法人の第35期(2019年3月期)決算・一口当たり分配金は9,697円』の画像

 2019年4月15日に日本リテールファンド投資法人と産業ファンド投資法人の資産運用会社である三菱商事・ユービーエス・リアルティ㈱とMCUBS MidCity投資法人の運用会社であるMCUBS MidCity㈱合併契約書を締結したと発表しました。MCUBS MidCity㈱は吸収される側の運用会社で
『MCUBS MidCity投資法人 運用会社の合併で生き残る道はあるのか?』の画像

 ユナイテッド・アーバン投資法人がリテール・グリーンボンド債での資金調達を決定したと発表しました。リテール・グリーンボンド債といっても投資法人債の一種であり、今回の投資法人債の正式名称は第19回無担保投資法人債(投資法人債間限定同順位特約付) (グリーンボン

 2019年5月8日にインベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人が東京都と神奈川県のオフィスビルをそれぞれ取得すると発表しました。取得資産の概要  ①取得資産:テクノウェイブ100      ②取得価格:1,310百万円   ③鑑定評価額:1,410百万円(2018年11月30日時点) 

 2019年5月10日にスターアジア不動産投資法人が、さくら総合リート投資法人に対して2つのREITの合併を提案したと発表しました。さくら総合リート投資法人側とは事前に同意しておらず、日本のREIT市場で初の事例となるとのことです。投資主総会招集請求等  提案の実現を目指
『弱小J-REITの合併案~スターアジア不動産投資法人・さくら総合リート投資法人のゆくえ~』の画像

 2019年4月26日にユナイテッド・アーバン投資法人と大和証券オフィス投資法人がそれぞれ運用物件の名称を変更すると発表しました。2019年5月1日付で新名称となっています。ユナイテッド・アーバン投資法人   新名称 Luz船橋 旧名称 レランドショッピングセンター 新名称

 2019年4月17日にザイマックス・リート投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり分配金が2,309円のところ2,611円で着地しました。投資法人よりスポンサーの強化が必要では? 2019年2月期については物件の取得は行われませんでした。期末における投資法人が保有
『ザイマックス・リート投資法人の第2期(2019年2月期)決算・一口当たり分配金は2,611円』の画像

 2019年4月12日にタカラレーベン不動産投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり分配金が3,300円のところ3,398円で着地しました。尚、利益超過分配金が198円が含まれています。新たなパイプラインは何かできるのか? 2019年2月期については外部成長の動きはあ
『タカラレーベン不動産投資法人の第2期(2019年2月期)決算・一口当たり分配金は3,398円』の画像

 2019年4月12日に野村不動産マスターファンド投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり分配金が3,081円のところ3,084円で着地しました。尚、利益超過分配金が505円含まれています。今期も外部成長に注力 2019年2月期中の外部成長の動きとしては2物件(NMF神戸
『野村不動産マスターファンド投資法人の第6期(2019年2月期)決算・一口当たり分配金は3,084円』の画像

↑このページのトップヘ