ヴォロスのJ-REIT講座

J-REITをもっと知ってもらうために。 投資家の皆さまにJ-REIT投資12年の経験をもとにマーケット情報を中心にご紹介

ヴォロスのJ-REIT講座 イメージ画像

J-REIT・レジデンス系

 2018年10月17日に大和ハウスリート投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり4,950円のところ5,046円で着地しました。物流施設大量取得で成長性は高い 2018年8月期は、合併後2度目となる公募増資により550億円の資金調達を行い、公募増資による資金調達及び借
『大和ハウスリート投資法人 第25期(2018年8月期)決算』の画像

 2018年10月17日に日本アコモデーションファンド投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり8,900円のところ9,161円で着地しました。計画的な工事実施で安定的な運用 ポートフォリオの競争力の維持・向上については、築年数の経過に応じた適切な更新工事やバリ
『日本アコモデーションファンド投資法人 第25期(2018年8月期)決算』の画像

 ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人が2018年9月25日にヘルスケア施設「たのしい家」を取得したと発表しました。取得資産の概要  ①取得資産:たのしい家大田多摩川    ②取得価格:3,057百万円   ③鑑定評価額:3,130百万円(2018年9月1日時点)  ④売買契

 日本アコモデーションファンド投資法人が2018年9月27日に名古屋市のレジデンスを取得し豊島区のレジデンスを売却。取得資産の概要  ①取得資産:REVE中目黒(底地)   ②取得価格:1,150百万円   ③鑑定評価額:1,150百万円(2018年6月1日時点)  ④売買契約締結日:

 2018年9月13日にスターアジア不動産投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり2,750円のところ2,773円で着地しました。 NOI利回りは上昇傾向 2018年7月期においては、期初に公募増資等の実施により物件取得(総額10,743百万円)を実行し、2018年7月期末の資産
『スターアジア不動産投資法人 第5期(2018年7月期)決算』の画像

 2018年9月14日にサムティ・レジデンシャル投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり2,670円のところ2,681円で着地しました。尚、利益超過分配金485円が含まれています。塗装や外壁打診の効果か賃貸事業利益率は上昇 2018年7月期においては、地域の特徴や需要
『サムティ・レジデンシャル投資法人 第6期(2018年7月期)決算』の画像

 2018年9月14日にコンフォリア・レジデンシャル投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり4,810円のところ4,980円で着地しました。NOI利回りは若干減少 2018年7月期は2018年2月にコンフォリア上野入谷他3物件を取得しました。その後、2018年3月にコンフォリ
『コンフォリア・レジデンシャル投資法人 第16期(2018年7月期)決算』の画像

 2018年9月11日にアドバンス・レジデンス投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり5,299円のところ5,499円で着地しました。2物件売却で135百万円の売却益を計上 厳しい取得環境の中、安定的な収益が期待できる優良な物件を取得することができました。スポンサ
『アドバンス・レジデンス投資法人 第16期(2018年7月期)決算』の画像

 2018年9月3日に日本アコモデーションファンド投資法人がパークキューブ西新宿を無事取得しました。取得資産の概要  ①取得資産:パークキューブ西新宿  ②取得価格:2,400百万円   ③鑑定評価額:2,430百万円(2018年2月28日時点)  ④売買契約締結日:2018年3月13日 

 2018年9月6日にジャパンリアルエステイト投資法人が「責任投資原則(PRI)」及び「国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEP FI)」への署名をしたと発表しました。1.「責任投資原則(PRI)」とは 2006年にコフィ・アナン国連事務総長(当時)が金融業界に対して提唱した、

↑このページのトップヘ