ヴォロスのJ-REIT講座

J-REITをもっと知ってもらうために。 投資家の皆さまにJ-REIT投資13年の経験をもとにマーケット情報を中心にご紹介

ヴォロスのJ-REIT講座 イメージ画像

J-REIT・リテール系

 2019年10月15日に日本リテールファンド投資法人の決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金4,430円のところ4,430円で着地しました。資産入替えとリニューアルで外部成長は派手 2019年8月期については、新規2物件(m-シティ柏、Gビル神宮前09)の取得を
『日本リテールファンド投資法人の第35期(2019年8月期)決算・一口当たり分配金は4,430円』の画像

 2019年10月8日にケネディクス商業リート投資法人が公募増資と借入金を利用し商業施設5棟を取得すると発表しました。取得資産の概要  ①取得資産:カルサ平塚   ②取得価格:5,980百万円   ③鑑定評価額:6,010百万円(2019年9月1日時点)  ④売買契約締結日:2019年10月8
『ケネディクス商業リート投資法人・5棟の商業施設取得を発表』の画像

 2019年9月26日にイオンリート投資法人が「グリーン合同運用指定金銭信託(イオンリートグリーントラスト)による資金の借入れに関するお知らせ」にて公表のとおり、イオンリート投資法人は、2019年10月21日に返済期限が到来する借入金156億円のうち33億円の借換え資金に充
『イオンリート投資法人・グリーン合同運用指定金銭信託で借入れ』の画像

 日本リテールファンド投資法人が運用中の物件「mozoワンダーシティ」のテナントの入替えを行うと発表しました。【出典:日本リテールファンド投資法人HP】 大型テナントを入替えるようですが、具体的なテナント名は明かしていません。mozoワンダーシティは愛知県名古屋市に
『日本リテールファンド投資法人・mozoワンダーシティのテナントを入替え』の画像

 2019年9月13日にエスコンジャパンリート投資法人の決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金が2,629円のところ2,835円で着地しました。底地がメインであるため商業施設に拘る理由は無い 2019年7月期のエスコンジャパンリート投資法人は底地のテナントと
『エスコンジャパンリート投資法人の第5期(2019年7月期)決算・一口当たり分配金は2,835円』の画像

 2019年9月2日に日本リテールファンド投資法人が仙台の商業施設を無事取得したと発表しました。【引用元:日本リテールファンド投資法人HPより】 この物件の売却は3回に分けて行われ、今回は2回目。最後は2020年3月2日に行われます譲渡資産の概要  ①譲渡資産:イトーヨー
『日本リテールファンド投資法人・運用中のイトーヨーカドー錦町店の持分45%を売却』の画像

 2019年8月15日にフロンティア不動産投資法人の決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり10,490円のところ10,490円で着地しました。 物件の一部売却も売却益は留保の方針 2019年6月期の外部成長面は投資法人はスポンサーからの都心型商業施設の取得とリスク資産
『フロンティア不動産投資法人の第30期(2019年6月期)決算・一口当たり分配金は10,490円』の画像

↑このページのトップヘ