ヴォロスのJ-REIT講座

J-REITをもっと知ってもらうために。 投資家の皆さまにJ-REIT投資13年の経験をもとにJ-REIT情報を中心にご紹介しているJ-REITブログ

ヴォロスのJ-REIT講座 イメージ画像

J-REIT・リテール系

 フロンティア不動産投資法人が2020年7月29日が運用中のららぽーと新三郷アネックスにスーパースポーツゼビオがオープンしたと発表しました。 ららぽーと新三郷アネックスは投資法人がスポンサーの三井不動産㈱が運営している大型の複合施設です。2009年9月に開業した三井
『フロンティア不動産投資法人・ららぽーと新三郷アネックスでスーパースポーツゼビオがオープン』の画像

 7月に入ってから九州地方を中心に集中豪雨により大きなダメージを受けています。しかし、九州を本拠地としている福岡リート投資法人は2020年7月7日に運用状況に影響を及ぼす被害等は確認されておりませんと発表しています。 また、いちごオフィスリート投資法人も7月6日人

 アクティビア・プロパティーズ投資法人が、投資法人の資産運用会社である東急不動産リート・マネジメント㈱のスポンサーである東急不動産㈱より、投資法人の投資口を追加取得する旨の通知を受領していました。2020年7月6日に東急不動産㈱から投資法人投資口の追加取得を完

 2020年6月30日に福岡リート投資法人が福岡県の物流施設、ロジシティ若宮の取得が完了したと発表しました。【引用元:福岡リート投資法人PRより】取得資産の概要  ①取得資産:ロジシティ若宮  ②取得価格:1,700百万円   ③鑑定評価額:2,350百万円(2019年10月1日時点)
『福岡リート投資法人・スポンサーからロジシティ若宮を取得』の画像

 2020年6月10日にアクティビア・プロパティーズ投資法人がコミットメントライン及び極度借入枠の設定(というか更新)をしました。アクティビア・プロパティーズ投資法人コミットメントライン・極度借入枠設定の理由  将来において資産を購入する等資金調達の必要性が生じた

 随分前のプレスリリースになりますが、投資法人みらいが運用中のホテルWBF淀屋橋南のオペレーターでもあるWBFホテル&リゾーツ㈱から民事再生法申請により賃貸借契約を解約することについて合意したと発表しました。 これは某インヴィンシブル投資法人のスポンサー系オペ

 2020年6月1日に阪急阪神リート投資法人が高槻城西ショッピングセンターの追加取得が完了しました。【引用元:阪急阪神リート投資法人PRより】取得資産の概要  ①取得資産:高槻城西ショッピングセンターの敷地の一部  ②取得価格:55百万円   ③鑑定評価額:54.4百万円(2
『阪急阪神リート投資法人・運用中の高槻城西ショッピングセンターの追加取得完了』の画像

 2020年6月1日にリテール系J-REITである日本リテールファンド投資法人が4月に行った自己投資口の取得状況について発表しました。日本リテールファンド投資法人の2020年5月の自己投資口の取得状況  1.取得した投資口の総数:6,902口  2.投資口の取得価額の総額:930,822,094

 2020年5月18日にケネディクス商業リート投資法人の決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金が6,501円のところ6,535円で着地しました。物流施設の拡大でポートフォリオの強化に期待 2020年3月期において8物件(行田配送センター:取得価格3,160百万円、
『ケネディクス商業リート投資法人・第10期(2020年3月期)決算・一口当たり分配金は6,535円』の画像

 2020年5月8日に阪急阪神リート投資法人投資主アンケート実施のお知らせを公表しました。コロナウイルス影響下における各投資法人の取組みを大江戸温泉リート投資法人、日本ロジスティクスファンド投資法人と紹介してきました。今回はリテール系の阪急阪神リート投資法人で
『阪急阪神リート投資法人・アンケートでコミュニケーション』の画像

↑このページのトップヘ