ヴォロスのJ-REIT講座

J-REITをもっと知ってもらうために。 投資家の皆さまにJ-REIT投資14年の経験をもとにJ-REIT情報を中心にご紹介しているJ-REITブログ

ヴォロスのJ-REIT講座 イメージ画像

J-REIT・ホテル系

 2020年12月15日に星野リゾート・リート投資法人の決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金が12,753円のところ12,860円で着地しました。安易に賃料減額しなかったことは◎ 星野リゾート・リート投資法人は、観光客の旅のニーズに応えるホテル、旅館及び
『星野リゾート・リート投資法人・第15期(2020年10月期)決算・一口当たり分配金は12,860円』の画像

 2020年12月14日に投資法人みらいの決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金が1,380円のところ1,429円で着地しました。コンバージョンで収益の安定化を図る 外部成長については、2020年6月30日に「MIUMIU神戸」の準共有持分の38%(譲渡価格3,230百万円
『投資法人みらい・第9期(2020年10月期)決算・一口当たり分配金は1,429円』の画像

 インヴィンシブル投資法人が2020年5月11日付及び2020年9月10日付で、MLPM契約の変更覚書を締結していましたが、この度、2020年10月1日から同年12月末日についても原賃貸条件を変更することと発表しました。 MHMグループは、投資法人のスポンサーであるFortressInve

 投資法人みらいが2020年11月24日に小田急資材管理センター(底地)を取得すると発表しました。【出典:投資法人みらいプレスリリース】取得資産の概要  ①取得資産:小田急資材管理センター(底地)  ②取得価格:2,300百万円   ③鑑定評価額:2,550百万円(2020年10月31日時
『投資法人みらい・安定収益確保のため小田原の底地取得を発表』の画像

 2020年11月9日に投資法人みらいが運用中のコンフォート新山口を譲渡すると発表しました。【引用元:投資法人みらいPRより】譲渡資産の概要  ①譲渡資産:コンフォート新山口   ②譲渡価格:920百万円   ③想定帳簿価額:870百万円(2020年4月時点)  ④売買契約締結日:
『投資法人みらい・コンフォートホテル新山口の譲渡を発表』の画像

 少し前になりますが2020年10月29日にジャパン・ホテル・リート投資法人が運用中のホテルアセント福岡について、隣地の底地の取得と信託受益権の譲渡を行いました。 敷地をまたいで物件が建設されているためか非常に実態が分かり辛くなっています。借地に関し、隣地所有者
『ジャパン・ホテル・リート投資法人・福岡で保証金問題を解決』の画像

 2020年10月21日に森トラスト・ホテルリート投資法人の決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金は未定としていましたが1,761円で着地しました。来期までにNOIが改善しなければスポンサーの支援が必要 ホテル系J-REITである森トラスト・ホテルリート投資
『森トラスト・ホテルリート投資法人・第9期(2020年8月期)決算・一口当たり分配金は1,761円』の画像

 少し前のプレスリリースになりますが、インヴィンシブル投資法人が運用中のホテルについてオペレーターを変更したことを発表しました。変更の概要 ①物件名:ホテルマイステイズ札幌アスペン ②変更前ML会社・PM会社:札幌アスペンホテル㈱ ③変更後ML会社・PM会社:㈱マイ
『インヴィンシブル投資法人・北海道のホテルでML契約変更』の画像

 2020年10月9日に大江戸温泉リート投資法人が運用中の大江戸温泉物語レオマリゾートの土地の一部を売却しすると発表しました。【引用元:大江戸温泉リート投資法人PRより】譲渡資産の概要  ①譲渡資産:大江戸温泉物語レオマリゾートの土地の一部 ②譲渡価格:805百万円 
『大江戸温泉リート投資法人・ホテルの敷地を太陽光発電で補うコンバージョン作戦』の画像

 2020年9月14日にいちごホテルリート投資法人の決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金が2,216円のところ670円で着地しました。ビジネスホテルだがインバウンド依存度が高いタイプのホテルが多い、けどインヴィンシブルよりまマシ 2020年7月期は期初に2
『いちごホテルリート投資法人・第10期(2020年7月期)決算・一口当たり分配金は670円』の画像

 投資法人みらいが2020年5月~7月の変動賃料物件の運用状況を開示しています。投資法人みらいは変動賃料物件のうちテナントから開示の同意を得られた物件については継続的に開示を行う方針を示しています。 投資法人みらいは商業施設のイメージが強いのですが、実際は商業
『投資法人みらい・変動賃料物件2020年5月~7月の運用状況を開示』の画像

 インヴィンシブル投資法人は、MHMグループとの間で、2020年5月11日付で、MLPM契約の変更覚書を締結し、投資法人がMHMグループに対して信託受託者を通じて賃貸している国内ホテル73物件について、2020年3月1日から6月30日までの暫定的な措置として以下についてそれぞれ合意

↑このページのトップヘ