ヴォロスのJ-REIT講座

J-REITをもっと知ってもらうために。 投資家の皆さまにJ-REIT投資13年の経験をもとにJ-REIT情報を中心にご紹介しているJ-REITブログ

ヴォロスのJ-REIT講座 イメージ画像

日本リート投資法人

 2020年8月17日に日本リート投資法人の決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金が9,002円のところ9,228円で着地しました。内部成長のみでNOI利回りが増加 2020年6月期は日本リート投資法人は資産の取得を行っていません。なお、スポンサーである双日㈱よ
『日本リート投資法人・第16期決算(2020年6月期)一口当たり分配金は9,228円』の画像

 日本リート投資法人の資産運用会社である双日リートアドバイザーズ㈱は、投資法人の運用資産において、特徴のあるリーシングパッケージの導入によりリーシングにおける競争力を強化し、投資法人の内部成長につなげることを目的に、㈱日本商業不動産保証と共に、契約時の敷

 GLP投資法人がスポンサーとの間で六甲の物流施設との優先交渉権を付与されたと発表しています。GLP投資法人の購入意向表明書の概要 ①契約締結先:非開示 ②対象物件:六甲物件(仮称)  ③優先交渉期限:2022年3月31日まで 六甲物件(仮称)の優先交渉権の取得は、中
『GLP投資法人と日本リート投資法人の優先交渉権から分かること』の画像

 日本リート投資法人の資産運用会社である双日リートアドバイザーズ㈱は、投資法人の保有資産において、ベンチャー企業等の入居支援をすることでリーシングにおける競争力を強化し、投資法人の内部成長につなげることを目的に、㈱日本商業不動産保証と共に、入居時に預託さ

 日本リート投資法人が9月28日の資産運用会社の運用ガイドラインを一部改正すると発表し同日付で臨時報告書を提出しています。改正の背景 日本リート投資法人は、オフィスについて、企業集積度が高く、本投資法人が収益の向上(成長性)を実現できると考えている都心6区へ

 2018年8月16日に日本リート投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり分配金が8,387円のところ8,500円で着地しました。 掘り出し物の物件取得で資産規模拡大 スポンサーパイプラインを活用し「栄グローブ」の信託受益権の準共有持分(持分割合60%)を新たに
『日本リート投資法人の第12期(2018年6月期)決算・一口当たり分配金は8,500円』の画像

 日本リート投資法人が2018年6月8日にPO増資、借入金などを駆使して21棟もの物件を取得すると発表しました。(オフィスビル8棟、レジデンス12棟、商業施設1棟) 今の不動産マーケット環境で21物件の取得は個人的には評価しています。ここまで一気に取得すれば投資家さんの分

 かなり前のプレスリリースにはなりますが、日本リート投資法人が中小オフィスビル向けの商品として「移得-ittoku-」というものを導入すると発表しました。「移得-ittoku-」の開発、導入の目的、内容  日本リートが重点投資している中規模オフィスビルは、大規模オフィスに

↑このページのトップヘ