三井住友フィナンシャルグループとりそなホールディングスは3日、関西が地盤の系列地方銀行3行を、2018年4月をめどに経営統合することで基本合意したと発表した。3行の総資産(16年3月末)は合計11兆4800億円で全国6位、関西では首位の地域金融グループとなる。人口減少や日銀のマイナス金利政策で地銀の経営環境が厳しくなる中、統合による経営効率化で競争力を強化する。

 統合するのは三井住友系列の関西アーバン銀行(大阪市)、みなと銀行(神戸市)、りそなの近畿大阪銀行(大阪市)の3行。りそなが過半を出資し、子会社となる中間持ち株会社を設立。3行が傘下入りする予定です。

 中間持ち株会社は三井住友が20%程度を出資する持ち分法適用会社となり、上場が維持され、社名や統合比率などは9月末の最終契約までに決めるとのこと。

 大阪府を地盤とする関西アーバンと近畿大阪の2行については、営業地域が重複しているため合併を検討。みなとは現状のまま存続させるそうです。

 関西アーバン銀行は三井住友フィナンシャルグループの危ない不動産企業への融資担当というイメージです。J-REITなど上場している投資法人への融資額は少ないですが、実は私募ファンドなど水面下ではリスクのある物件にも積極的にノンコースローンをつけてくれることで有名でした。リーマンショック時はそれで手痛いダメージを被りましたが、2014年当たりからいささか慎重になってきたようでリスクの高い物件への融資は少なくなりました。

 みなと銀行は少額ではありますが、MCUBS MidCity投資法人へ融資しています。日本政策投資銀行との協調融資で残高は1,800百万円(2017年1月末)で、2020年7月31日が返済期限です。その他に融資を受けている投資法人は有りません。

 近畿大阪銀行はりそな系ということもありJ-REITへの融資は有りません。J-REITへの融資はりそな銀行自身が行いますし、りそな銀行は信託銀行の業務も行うことができるため物件の信託設定等もりそな銀行でワンストップでできますから、わざわざ近畿大阪銀行に融資をお願いすることも無かったのでは無いでしょうか。

 個人的には統合するしないに関わらず関西系の銀行であれば、MCUBS MidCity投資法人や阪急リート投資法人に大してもっと積極的に良い提案をして頂きたいと思います。いづれの3行ともJ-REITへの融資実績が無さすぎます。関西アーバン銀行はイメージが悪いので積極的に出れないのは解りますが、自分たちの基盤に本拠地を構える投資法人についてはもっとやり方があったのでは?と思います。以上のことから今回の統合についてJ-REITに与える影響は軽微だと考えています。