2017年8月29日にフロンティア不動産投資法人が「SMBC環境配慮評価融資」の評価がAAであったと発表しました。


■SMBC環境配慮評価融資について


 「SMBC 環境配慮評価融資」は、融資の実行、条件の設定に当たって、SMBCと㈱日本総合研究所が作成した独自の評価基準に基づき、企業の環境配慮に関する取り組みを、客観的な視点により「AAA」を最高位とする7段階で評価するもの。 
 
 
■「AA」評価について

 
 環境配慮に関する取り組みにおいて、「環境負荷の把握の状況」「環境マネジメント」「環境ビジネス」などの面で高い水準であることが評価され、最高位「AAA」に次ぐ「AA」の評価を取得しました。
 
■高く評価されたポイント


 ①保有不動産におけるエネルギー使用量等の主な環境負荷を把握し、その増減要因を精緻に分析している点
 ② 資産運用会社において「サステナビリティに関する方針」を掲げ、資産運用を通じて環境や地域コミュニティに配慮する姿勢を明確にするとともに、保有不動産の環境活動について継続的な改善を図っている点
 ③ 具体的な環境配慮の取り組みとして、大規模な駐輪場の設置や電車・バス来場のキャンペーンを通じた公共交通機関の利用促進、共用部照明設備の LED 化等の省エネ改修投資、再エネの導入などを積極的に実施している点


 評価の取得はJ-REITとしては初めてとのことですが、この融資制度を利用している投資法人が少ないだけなので自慢にはならない気がします。(ざっと調べた限りではケネディクス・オフィス投資法人、日本ロジスティクスファンド投資法人、イオンリート投資法人くらい。)
 ですが、フロンティア不動産投資法人がサスティナビリティに積極的なのは確かなので今後は「SMBC環境配慮評価融資を利用したら支払利や融資関連費用息が従来から○%削減できた」のようなアピールをしていただくことを期待しています。