ラサールロジポート投資法人が2018年5月31日に運用中のロジポート川越について、「CASBEE 不動産評価認証」(A ランク)を取得したと発表しました。

CASBEE 不動産評価認証制度の概要

  CASBEE(Comprehensive Assessment System for Built Environment Efficiency /「建築環境総 合性能評価システム」)は、建築物の環境性能で評価し格付けする手法で、省エネルギーや環境負荷 の少ない資機材の使用といった環境配慮はもとより、室内の快適性や景観への配慮なども含めた建 物の品質を総合的に評価するシステムです。 CASBEE-不動産は、CASBEE における建物の環境評価の結果を、不動産評価に活用することを目的 として開発されたものであり、「エネルギー/温暖化ガス」、「水」、「資源利用/安全」、「生物多様性/ 敷地」、「屋内環境」の 5 分類の評価項目で評価され、これにより「S ランク」、「A ランク」、「B+ ラ ンク」、「 B ランク」の格付けが与えられます。


CASBEE 不動産評価認証取得物件

 ロジポート川越 所在地:埼玉県川越市芳野台三丁目 5 番地 1
 敷地面積:34,768.45 ㎡
 延床面積:50,742.47 ㎡
 竣 工:2011 年1 月
 構 造:地上 4 階
 評 価:Aランク ★★★★
 ラサールロジポート投資法人はサスティナビリティ資格を積極的に取得している投資法人の1つです。元々物流施設はスポンサーが開発する物件であることが多いので始めから環境や社会貢献について考えながら開発されているためCASBEEだけでなく資格取得は他のアセットと比べると容易です。

 資格取得外の取り組みとしては
・屋根上への太陽光パネルの設置やLED照明の導入
・免震装置の設置や24時間365日稼働の防火センターによる管理などを通じた、安心・安全面のリスク低減
・施設利用者が利用できるカフェテリアや利便性向上のための売店の設置、最寄り駅からの通勤用シャトルバスの運行
・保有物件において、公開空地の設定や地域活動への参画
 などテナント企業や施設利用者の満足度の向上に取り組んでいます。