2019年3月8日にグローバル・ワン不動産投資法人が、保有する3物件(明治安田生命大阪御堂筋ビル、TK南青山ビル、明治安田生命さいたま新都心ビル)について、DBJ Green Building認証を2019年3月8日付で取得したと発表しました。なお、今回お知らせする認証取得により、投資法人が保有する物件で同認証を受けたものは11物件のうち6物件となりました。

1.DBJGreenBuilding認証の概要

 DBJGreenBuilding認証制度は、環境・社会への配慮がなされた不動産(「Green Building」)を支援するために、2011年4月に株式会社日本政策投資銀行(DBJ)が創設した認証制度です。対象物件の環境性能に加えて、防災やコミュニティへの配慮等を含む様々なステークホルダーへの対応を含めた総合的な評価に基づき、社会・経済に求められる不動産を評価・認証し、その取り組みを支援しているとされています。


2.DBJ Green Building 認証における評価
 
   物件名:明治安田生命大阪御堂筋ビル
   所在地:大阪府大阪市中央区伏見町四丁目1番1号
   延床面積:32,997.60㎡(投資法人持分割合:50.0%)
   階 数:地下3階付 14 階建
   建築時期:2001 年7月
   評価ランク:★★★★
   評価ポイント:
 ・氷蓄熱システムの導入、人感センサーによる消灯・減灯制御、LED 照明の採用等、省エネ
 ・ 省資源により環境負荷低減を図っている点
 ・最新のオフィススペックを備えると共に、利便施設の設置、地下鉄駅と直結したアクセス性等、利用者の快適性と利便性に配慮している点
 ・エレベーターやトイレに対してバリアフリー設計を採用しているほか、テナントに対する省エネ啓発に配慮している点

  物件名:TK南青山ビル
  所在地:東京都港区南青山二丁目6番 21 号外
  延床面積:20,958.79㎡(投資法人持分割合:100%)
  階 数:地下2階付17階建
  建築時期:2003年5月
  評価ランク:★★★
  評価ポイント:
 ・人感センサーによる消灯・減灯制御、LED 照明の採用等、省エネ
 ・省資源により環境負荷低 減を図っている点
 ・非常時におけるテナント用予備電源の設置場所の用意、制震工法の採用等、建物の防災に配慮している点
 ・エレベーターやトイレに対してバリアフリー設計を採用しているほか、テナントに対する省エネ啓発に配慮している点

  物件名:明治安田生命さいたま新都心ビル
  所在地:埼玉県さいたま市中央区新都心 11 番地2
  延床面積:78,897.42㎡(投資法人持分割合:50.0%)
  階 数:地下3階付 35 階建
  建築時期:2002年3月
  評価ランク:★★★
  評価ポイント:
 ・人感センサーによる消灯・減灯制御、LED 照明の採用、ごみ計量器による排出総量の管理等、省エネ・省資源により環境負荷低減を図っている点
 ・災害時に長時間の稼働が可能な非常用発電機の設置や制震工法の採用等、建物の防災に配慮している点
 ・エレベーターやトイレに対してバリアフリー設計を採用しているほか、テナントに対する省エネ啓発に配慮している点