野村不動産マスターファンド投資法人に対し、 「Landport 板橋」ほか 3 棟にかかる DBJ Green Building 認証を実施 というリリースが出ていました。

 日本政策投資銀行(DBJ)および一般財団法人日本不動産研究所は、野村不動産マスターファンド投資法人(本社:東京都新宿区、執行役員: 栁田聡)が保有する物流施設「Landport 板橋」「Landport川越」「Landport 八 王子」「Landport 春日部」に対し、DBJ Green Building 認証を実施。
 
今回の認証では、以下の点を評価しました。 

 (1) 省エネルギー、リサイクル、利用施設の快適性の確保等を啓発・推奨した書 面をテナントに対して配布し、入居者と共に環境に配慮したビル運営を行っ ている点

 (2) 天井高や床荷重、柱スパン等について、ゆとりある設計とすることで最新の 物流施設に相応しい汎用性を確保し、物流事業者の幅広いニーズに対応して いる点

 (3) 「Landport 川越」「 Landport 八王子」においては、断熱性の高い外壁や屋 根の採用に加え、大規模な太陽光発電の実施による創エネルギーを実現する ことで、環境に配慮した取り組みがなされている点

 その結果、4 物件全てについて、「極めて優れた「環境・社会への配慮」がなされたビル」として、
認証を付与しました。 

 J-REITでは日本政策投資銀行から借入をすることは信用力のステータスになります。DBJから借りているイコール信用力が高いということですから。最近サスティナビリティの記事を書きましたが環境を商売にしようとする会社がありますが少し違うがするんですよね。

 ただの鑑定会社なのに「物流施設に相応しい」かどうか何て評価されてもね~。

 野村マスターファンドはもっとDBJとお近づきになりたい理由でもあるんでしょうか?