2023年10月2日にフロンティア不動産投資法人が三井ショッピングパークららぽーと和泉を無事取得したと発表しました。

取得物件の概要
20231006三井ショッピングパークららぽーと和泉
 ①物件名称:三井ショッピングパークららぽーと和泉(準共有持分18.5%)
 ②取得予定価格:5,198百万円
 ③鑑定評価額:4,290百万円(2022年10月時点)
 ④売買契約締結日:2023年8月15日
 ⑤取得日:2023年10月2日
 ⑥取得先:SMFLみらいパートナーズ㈱
 ⑦取得資金:借入金及び自己資金
 ⑧決済方法:引渡時一括 
 ⑨立地:三井ショッピングパーク ららぽーと和泉は大阪府和泉市のニュータウン「トリヴェール和泉」に所在し、泉北高速鉄道「和泉中央駅」より約3km、阪和自動車道「岸和田和泉」ICより約500m に立地しています。南北に阪和自動車道が縦断し、東西に大阪外環状線(国道170号線)が横断しており、自動車による広域集客に適した立地となっています。商圏人口は、3km圏57千人、5㎞圏184千人ですが、ドライブタイム商圏は30分で約790千人と十分な人口ボリュームを有しています。特に「トリヴェール和泉」は1990年代以降に入居が開始したニュータウンであり、足元は子育て世代が多く居住する環境であり、ららぽーとのようなリージョナルショッピングセンターには適性のある立地と評価しています。 

 ららぽーと和泉は、2014年10月に開業した三井不動産㈱が運営するリージョナルショッピングセンターで、アカチャンホンポ、エディオン、ZARA、ニトリ、無印良品、ユニクロ、ラウンドワン、ロフトなど多種多様なテナント約200店舗で構成されています。合計約3,400台の駐車台数を確保しており、広域からの車集客に適した競争力の高い物件であると評価しています。