2016年9月14日に投資法人のヘルスケア&メディカル投資法人の決算が発表されました。
当初の予想一口当たり2,100円のところ2,340円で着地しました。

 運用物件においてシニア、ホテルはオペレーターに施設の運用は任せるのでAM会社では物件の手間は掛らないのが普通です。にも拘わらずここのヘルスケア&メディカルは運用報酬が売上に比べ高いのが不満です。運用報酬は損益計算書に記載がありますが、物件の売却による売却運用報酬を除くと通常売上高の6%後半~7%台が一般的です。
20160921ヘルスケア

 しかし、ヘルスケア&メディカルは9%台後半から10%台です。これは酷いと思います。J-REIT市場がが傾くのを待つまでも無く即削減することを望みます。
 
 2016年7月期は運用物件数は18棟ありますが、そのほとんどがスポンサーがローンと引き換えにインヴィンシブルからパクッたボンセジュールシリーズです。特に汗をかいていると思えないのです。

 シニア系J-REITは2016年9月現在で3法人有りますが、期待度は一番低いと感じます。