ヴォロスのJ-REIT講座

J-REITをもっと知ってもらうために。 投資家の皆さまにJ-REIT投資14年の経験をもとにJ-REIT情報を中心にご紹介しているJ-REITブログ

ヴォロスのJ-REIT講座 イメージ画像

グローバルリート

 昨日、書かせていただいたこともあり米国REITの決算状況がアセットマネジメントOneから紹介されているのでご紹介します。 URL https://www.rakuten-sec.co.jp/web/shared/include/fund/rinji_report/pdf/201612/20161202_fund_15.pdfリテール系REIT サイモン・プロパティ
『米国REITの決算状況』の画像

 もう皆様はご存知かもしれませんが、米国REITを中心にグローバルREITの魅力が下がっていることを問題視されています。海外REITの日本国内の最大投信はフェデリティ投信の「フェデリティ・USリート・ファンド」(純資産総額約14,407億円(11月時点))なのですが11月から分配金

 2016年10月のグローバルREITの動を総括してみました。 【米国】   8月の全米主要20都市の住宅価格指数は、前年同月比で5.1%上昇しましたが新規失業保険申請件数の改善など堅調なマクロ統計の発表などを受け12月の利上げ観測が高まり長期金利が上昇したため、資金調達コ
『グローバルREITのマーケット動向2016年10月』の画像

 本日は9月最終日です。今年も残り3か月!! 各グローバルREITの環境の動きについて簡単にまとめてみました。【日本】  J-REIT市場は下落しました。日銀は20日から21日にかけて開催された金融政策決定会合において政策の枠組みを修正し、金融緩和の主たる目安を買入れ資産の

 日本以外のアジアについても興味がある投資家さんはたくさんいるようでご質問をまあまあいただきます。アジア圏は国は多いですが、実際に運用物件として整備が出来ている国は少なく、かつ一定の都市に留まっています。 アジアREIT市場は、今年に入ってから世界的に金利低
『アジアREITの留意点』の画像

 前回に引き続き海外REITの留意点を上げたいと思います。今日は相変わらず英国のEU離脱に揺れる欧州REITです。欧州REITの現状 2016年は年初より、中国の景気減速懸念や原油価格の低迷などを背景とした世界的な株安を受けて、欧州REIT 市場も調整を余儀なくされました。その
『欧州REITの留意点』の画像

海外REITへの関心が予想以上に高かったので今回は米国REITの留意点として以下を上げたいと思います。米国REITの現状 2008年~2009年のリーマンショック時期を除いて成長を続けてきた米国REIT。 1994年から22年間ではおよそ8倍にもなっています。 世界的な市場混乱はあるも
『米国REITの留意点』の画像

 今、J-REITは非常に人気のある投資商品になっています。しかし2016年8月現在各証券会社でこぞってレポートを発表し投資の興味を引きつけさせようと躍起になっている投資商品があるのをご存知でしょうか。 ・・・それがグローバルREITなのです。J-REITが上向き始めた時に積

↑このページのトップヘ