ヴォロスのJ-REIT講座

J-REITをもっと知ってもらうために。 投資家の皆さまにJ-REIT投資14年の経験をもとにJ-REIT情報を中心にご紹介しているJ-REITブログ

ヴォロスのJ-REIT講座 イメージ画像

格付け

 2019年4月17日に平和不動産リート投資法人が取得している日本格付研究所(JCR)の格付けについて評価が上昇していると発表されました。■格付評価・長期発行体格付:A  → A+ ・格付の見通し:ポジティブ → 安定的 ・債券格付:A  → A+ ■格付事由①平和不動産アセッ

 2018年3月27日オリックス不動産投資法人本投資法人がS&Pグローバル・レーティング・ジャパン㈱から取得している長期会社格付け及び短期会社格付けの取下げを取り下げたと発表しました。 1.取下げ対象格付  信用格付業者:S&Pグローバル・レーティング・ジャパン㈱(S&P)

 JCRが投資法人みらいの信用格付けの評価をA+(安定的)からA+(ポジティブ)に変更したと発表しました。JCRでは以下の点を特に評価しています。■格付事由 投資法人みらいの上場時ポートフォリオは15物件、取得金額総額1,007億円であったが、アセットバランスを意識しながら順

 オリックス不動産投資法人が2018年12月27日にR&Iから得ている発行体格付けについてA+からAA-に引き上げられたと発表しました。オリックス不動産投資法人は、㈱格付投資情報センターより、投資法人の発行体格付をを取得しています。格付け変更の内容   ①信用格付業者:㈱
『オリックス不動産投資法人 R&Iの発行体格付けA+→AA-に変更』の画像

 インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人がJCR(㈱日本格付研究所)から取得している格付けについて長期発行体格付がA+(安定的)からA+(ポジティブ)に変更になったと発表しました。格付事由 現行ポートフォリオの資産規模は、直近行われた新規資産の取得によって18物件、

 MCUBS MidCity投資法人が格付投資情報センター(R&I)の格付け評価が公表されたと発表しました。発行体格付けはAのままですが格付けの方向性は安定的→ポジティブに改善しています。R&Iの格付理由   MCUBS MidCity投資法人は2006年8月に上場したオフィス系REIT。2015年4月

 JCRが産業ファンド投資法人の格付け見直しを行い結果、格付け評価はAA(安定的)に据え置きとなりました。【格付評価】  長期発行体格付 AA  格付の見通し 安定的  債券格付 AA 【格付事由】(1) 三菱商事及びユービーエス・アセット・マネジメント・エイ・ジーの2社

 JCRが2018年7月25日にJ-REITが発行するハイブリッド証券に対する考え方についてを公表しています。そもそもハイブリッド証券は、資本と負債の両方の特性をあわせ持つ資金調達手段として用いられているものです。近年、事業法人や金融法人の資金調達手段および運用手段とし

 大和ハウスリート投資法人が2018年8月6日にR&Iの格付け見通しが上方修正されたと発表しました。 ・格付対象:発行体格付 ・変更前:A+(安定的) ・変更後:A+(ポジティブ) 合併により資産規模が大幅拡大したことや財務面の安定性も高いので評価が上昇することは当たり前と
『大和ハウスリート投資法人 R&Iの格付け見通し上方修正』の画像

 格付投資情報センター(R&I)が2018年5月11日に、第12回無担保投資法人債の格付けを公表しました。【格付対象】  ①名称: 第12回無担保投資法人債(特定投資法人債間限定同順位特約付)  ②発行額: 80億円  ③発行日: 2018年5月25日  ④償還日: 2023年5月25日  ⑤格付:

↑このページのトップヘ