ヴォロスのJ-REIT講座

J-REITをもっと知ってもらうために。 投資家の皆さまにJ-REIT投資14年の経験をもとにJ-REIT情報を中心にご紹介しているJ-REITブログ

ヴォロスのJ-REIT講座 イメージ画像

J-REIT・オフィス系

 2021年7月20日にユナイテッド・アーバン投資法人の決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金が3,130円のところ3,182円で着地しました。オフィスビルの運用は苦戦中 2021年5月期の外部成長の取組みは2020年12月1日付で虎ノ門ヒルズ森タワー(取得価格:10,0
『ユナイテッド・アーバン投資法人・第35期(2021年5月期)決算・一口当たり分配金は3,182円』の画像

 2021年7月12日にアクティビア・プロパティーズ投資法人の決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金が9,280円のところ9,401円で着地しました。スポンサーとの物件入替戦略は〇 2021年5月期の外部成長の取組みは、2021年5月21日に田町イーストビル(取得予
『アクティビア・プロパティーズ投資法人・第19期(2021年5月期)決算・一口当たり分配金は9,401円』の画像

 2021年7月9日にグローバル・ワン不動産投資法人が運用する豊洲プライムスクエアについて、2022年2月1日から入居するテナントと賃貸借契約の締結を行ったと発表しました。 2021年5月期の決算説明資料にて豊洲プライムスクエアのリーシング状況について触れており、空室期間
『グローバル・ワン不動産投資法人・優良なオフィスビルは入居が決まる』の画像

 2021年7月1日にアクティビア・プロパティーズ投資法人が運用中の汐留ビルディングについて大口テナントであるエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ㈱が退去すると発表しました。異動の概要  ①テナント名称:エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ㈱ ②契約満了日:2
『アクティビア・プロパティーズ投資法人・運用中の汐留ビルディングで大口テナントの退去を発表』の画像

 2021年7月1日にタカラレーベン不動産投資法人が大宮の商業施設(カインズ大宮)を取得したと発表しました。取得資産の概要【出典:タカラレーベン不動産投資法人プレスリリースより】  ①取得資産:カインズ大宮  ②取得価格:2,520百万円   ③鑑定評価額:2,580百万円(20
『タカラレーベン不動産投資法人・大宮の商業施設(カインズ大宮)を取得』の画像

 2021年6月14日にいちごオフィスリート投資法人の決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金が2,063円のところ2,132円で着地しました。いちごレイアウトオフィスはコロナ禍も効果なし 2021年4月期は従来から掲げているオフィス特化型ポートフォリオの追求
『いちごオフィスリート投資法人・第31期(2021年4月期)決算・一口当たり分配金は2,132円』の画像

 2021年6月15日にケネディクス・オフィス投資法人の決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金が15,180円のところ15,384円で着地しました。物件売却の影響でNOIは減少 ケネディクス・オフィス投資法人の前期末時点で、合計98物件(取得価格の総額443,785百
『ケネディクス・オフィス投資法人・第32期(2021年4月期)決算・一口当たり分配金は15,384円』の画像

 2021年6月15日にインベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人の決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金が399円のところ420円で着地しました物件売却益により分配金は上昇 2021年4月期は、「IBFプランニングビル」(東京都渋谷区、譲渡価格3,750百万円
『インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人・第14期(2021年4月期)決算・一口当たり分配金は420円』の画像

↑このページのトップヘ