ヴォロスのJ-REIT講座

J-REITをもっと知ってもらうために。 投資家の皆さまにJ-REIT投資14年の経験をもとにJ-REIT情報を中心にご紹介しているJ-REITブログ

ヴォロスのJ-REIT講座 イメージ画像

J-REIT・オフィス系

 2022年10月17日にOneリート投資法人の決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金が7,120円のところ7,120円で着地しました。稼働率重視の戦略によりフリーレント期間が伸びている 2022年8月期は外部成長の動きはありませんでした。内部成長への取り組みは
『Oneリート投資法人・第18期(2022年8月期)決算・一口当たり分配金は7,120円』の画像

 2022年10月14日にサンケイリアルエステート投資法人の決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金が3,120円のところ3,158円で着地しました。オフィスビルでもリーシングに苦慮 2022年8月期は物件の取得及び売却を行っていません。投資法人の2022年8月期末
『サンケイリアルエステート投資法人・第7期(2022年8月期)決算・一口当たり分配金は3,158円』の画像

 2022年10月7日にタカラレーベン不動産投資法人が運用中のコープさっぽろ春光店を売却が無事完了しました。譲渡物件の概要 ①物件名称:コープさっぽろ春光店 ②譲渡予定価格:1,110百万円 ③鑑定評価額:1,009百万円(2022年9月時点) ④売買契約締結日:2022年10月6日 ⑤売
『タカラレーベン不動産投資法人・運用中のコープさっぽろ春光店を売却』の画像

 ユナイテッド・アーバン投資法人、大和証券オフィス投資法人、ケネディクス・オフィス投資法人の2022年9月の自己投資口取得状況は以下の通りとなっています。ユナイテッド・アーバン投資法人 2022年9月の自己投資口の取得状況 ①取得した投資口の総数:19,746口 ②投資口

 2022年9月30日に日本ビルファンド投資法人が豊洲ベイサイドクロスタワーの取得を発表しました。取得物件の概要 ①物件名称:豊洲ベイサイドクロスタワー ②取得予定価格:14,700百万円 ③鑑定評価額:15,000百万円(2022年8月時点) ④売買契約締結日:2022年9月30日 ⑤取得
『日本ビルファンド投資法人・豊洲ベイサイドクロスタワーの取得を発表』の画像

 2022年9月14日に東急リアル・エステート投資法人の決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金が3,910円のところ4,005円で着地しました。ポートフォリオの組み方を決めあぐねている? 東急リアル・エステート投資法人は、このような環境のもと、これまでの
『東急リアル・エステート投資法人・第38期(2022年7月期)決算・一口当たり分配金は13,476円』の画像

 2022年9月14日にエスコンジャパンリート投資法人の決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金が3,440円のところ3,604円で着地しました。資産運用会社の行政処分でも利益は予想を上回る 2022年7月期は外部成長の動きはありませんでした。商業施設の顧客と
『エスコンジャパンリート投資法人・第11期(2022年7月期)決算・一口当たり分配金は3,604円』の画像

 大和証券オフィス投資法人、ケネディクス・オフィス投資法人、積水ハウス・リート投資法人の3社が2022年8月に行った自己投資口の取得について発表しています。大和証券オフィス投資法人 2022年8月の自己投資口の取得状況  ①取得した投資口の総数:1,125口  ②投資口の

 2022年9月2日に野村不動産マスターファンド投資法人が新たにコミットメントライン契約を締結することを発表しました。コミットメントライン設定の理由 資産の取得、借入金の返済(投資法人債の償還を含みます。)及び敷金の返還等にあたり、機動的かつ安定的な資金調達手

 2022年8月18日にジャパンエクセレント投資法人の決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金が2,800円のところ2,800円で着地しました。エコに特化の電力プラン導入が次々始動 2022年6月期は2022年5月11日に赤坂二丁目合同会社の匿名組合出資持分(取得価格5
『ジャパンエクセレント投資法人・第32期(2022年6月期)決算・一口当たり分配金は2,800円』の画像

↑このページのトップヘ