ヴォロスのJ-REIT講座

J-REITをもっと知ってもらうために。 投資家の皆さまにJ-REIT投資14年の経験をもとにJ-REIT情報を中心にご紹介しているJ-REITブログ

ヴォロスのJ-REIT講座 イメージ画像

J-REIT・オフィス系

 2016年7月13日に投資法人のユナイテッド・アーバン決算が発表されました。当初の予想一口当たり2,950円のところ3,000円で着地しました。  ユナイテッド・アーバンはオフィスやレジデンス、リテールも揃えた総合型のJ-REITです。まあ、オフィスが少し多めですが。ホテルや
『ユナイテッド・アーバン投資法人第25期(2016年5月期)決算』の画像

 2016年6月14日に積水ハウスリート投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり2,460円のところ2,477円で着地しました。  積水ハウスリートはグローバル・ワンや森トラスト総合リートのように質の高い少数の大規模物件を運用していくスタイルで運用しようと考え
『積水ハウスリート投資法人第3期(2016年4月期)決算』の画像

 2016年6月15日にトーセイリート投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり4,060円のところ4,295円で着地しました。  このトーセイリートは先日のケネディクスオフィス、プレミア、インベスコと比べ賃貸事業利益率が高いのです。 賃貸事業利益率は  第1期6
『トーセイリート投資法人第3期(2016年4月期)決算』の画像

 2016年6月15日にインベスコオフィスジェイリート投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり2,540円のところ2,697円で着地しました。  おもしろいのは決算説明会資料の5ページにあるAM会社の強みですが。インベスコは30年以上の不動産運用の経験があるらしい
『インベスコオフィスジェイリート投資法人第4期(2016年4月期)決算』の画像

 2016年6月14日にトップリート投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり9,900円のところ11,460円で着地しました。  野村マスターファンド投資法人との合併を発表したトップリート立ち上げから約10年での合併ですね。 今期はコジマ×ビックカメラ柏店、イト
『トップリート投資法人第20期(2016年4月期)決算』の画像

 2016年6月14日にいちごオフィスリート投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり1,720円のところ1,740円で着地しました。 来期もまた物件をPOを利用し物件を大量購入する予定のようです。いちごオフィスリートは毎期分配金を上昇させる計画を立てています、が
『いちごオフィスリート投資法人第21期(2016年4月期)決算』の画像

 2016年6月13日にプレミア投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり2,330円のところ2,460円で着地しました。 今期は何故か静岡県内のオフィスビル2棟を取得しました。今のマーケットの現状では都内で購入を検討するには利回りが合わないものと思われます。だ
『プレミア投資法人第27期(2016年4月期)決算』の画像

 2016年6月13日にケネディクス・オフィス投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり10,400円のところ10,707円で着地しました。 毎期物件を勢いよく購入するスタイルばかり目立ちがちですが財務基盤についてもしっかり考えられていると思います。 DSCRは7.4~8
『ケネディクス・オフィス投資法人第22期(2016年4月期)決算』の画像

 野村マスターファンド投資法人合併説明会資料2016年5月26日を見ました。 この合併については野村マスターファンドの意向が強く表れていると思います。本合併の内容と合併後の収益予想 NMFとトップは、NMFを存続投資法人として9月に合併することを5月26日に公表しました。

 2016年5月17日にグローバル・ワン投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり5,600円のところ5,650円で着地しました。 運用物件が9物件しかないので運用としてやれることは他の投資法人よりも少ないと思います。が、9物件しかないので1つ1つの施策が重要になっ
『グローバル・ワン投資法人投資法人第25期(2016年3月期)決算』の画像

 2016年5月13日に森トラスト総合リート投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり3,500円のところ3,520円で着地しました。 圧縮積立金を大事に利用しながら15物件で1口当たり分配金を増やしていく方針みたいですね。無理して物件を購入しないところがこのREIT
『森トラスト総合リート投資法人第28期(2016年3月期)決算』の画像

 2016年5月13日にジャパン・リアルエステイト投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり8,080円のところ8,121円で着地しました。 管理費と水道光熱費の推移(68ページ)については2010年9月期と同水準まで削減していることが解ります。 資産・修繕工事の実績と将
『ジャパン・リアルエステイト投資法人第29期(2016年3月期)決算』の画像

↑このページのトップヘ