ヴォロスのJ-REIT講座

J-REITをもっと知ってもらうために。 投資家の皆さまにJ-REIT投資14年の経験をもとにJ-REIT情報を中心にご紹介しているJ-REITブログ

ヴォロスのJ-REIT講座 イメージ画像

投資法人みらい

 2022年10月15日に投資法人みらいの決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金が1,285円のところ1,313円で着地しました。潜在的にリスクのあるホテルを売却 2022年10月期は、2022年5月31日に「コンフォートホテル長野」(譲渡価格670百万円)、2022年10月3
『投資法人みらい・第13期(2022年10月期)決算・一口当たり分配金は1,313円』の画像

 2022年10月28日に投資法人みらいが仙台のオフィスビルの取得を発表しました。取得物件の概要 ①物件名称:MIテラス仙台広瀬通り  ②取得予定価格:2,022百万円 ③鑑定評価額:2,310百万円(2022年9月時点) ④売買契約締結日:2022年10月28日 ⑤取得日:2022年11月1日 ⑥取
『投資法人みらい・2棟を生贄に仙台のオフィスビルを取得』の画像

 2022年7月14日に投資法人みらいが運用中の伊勢シティホテルアネックスのテナント(この場合はオペレーター)との間での賃貸借契約が終了すると発表しました。賃貸借契約の概要 物件は現テナントが全体を賃借しており、賃貸面積は4,099.31㎡、投資法人の総賃貸可能面積に占め
『投資法人みらい・伊勢シティホテルアネックスのオペレーター撤退』の画像

 2022年6月14日に投資法人みらいの決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金が1,260円のところ1,267円で着地しました。コロナ明けのスタートダッシュに期待 2022年4月期の外部成長は、2022年1月12日に「愛媛ビル・広島(取得価格2,780百万円)」、「ツル
『投資法人みらい・第12期(2022年4月期)決算・一口当たり分配金は1,267円』の画像

 2021年12月13日に投資法人みらいの決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金が1,260円のところ1,289円で着地しました。ディフェンシブなアセットに入れ替える方針 2021年10月期は投資法人みらいも他のJ-REITと同様、新型コロナウイルス感染症の影響を受
『投資法人みらい・第11期(2021年10月期)決算・一口当たり分配金は1,289円』の画像

 2021年6月15日に投資法人みらいの決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金が1,160円のところ1,247円で着地しました。ホテル→オフィスのコンバージョンが成功か?はまだ先の話 2021年4月期は、2021年1月28日に「TCAビル」(取得価格2,120百万円)、2021
『投資法人みらい・第10期(2021年4月期)決算・一口当たり分配金は1,247円』の画像

 2021年3月11日に帝国データバンクから㈱ビスタホテルマネジメントが東京地裁へ民事再生法の適用を申請、同日保全・監督命令を受けたと発表しました。㈱ビスタホテルマネジメントは「ホテルビスタ」ブランドのホテルチェーンを展開しています。 ㈱ビスタホテルマネジメント
『ホテルビスタの民事再生がJ-REITに与える影響』の画像

 2021年2月5日に㈱日本格付研究所(JCR)が投資法人みらいの格付見落としを安定的→ポジティブに変更したことを発表しました。 投資法人みらいは三井物産グループの三井物産アセットマネジメント・ホールディングス(三井物産AM)と、独立系アセットマネジメント会社のイデラ

 投資法人みらいが、かねてよりホテルからオフィスのコンバージョンを進めていたホテルWBF淀屋橋南ですが、BizMiix淀屋橋としてオフィスビルへの用途変更を果たし2021年1月からテナントの利用が開始されたと発表しました。コンバージョン工事の概要 この物件はもともと2018
『投資法人みらい・BizMiix淀屋橋(ホテルからオフィスのコンバージョン)がオープン』の画像

 2020年12月14日に投資法人みらいの決算が発表されました。分配金は当初の予想一口当たり分配金が1,380円のところ1,429円で着地しました。コンバージョンで収益の安定化を図る 外部成長については、2020年6月30日に「MIUMIU神戸」の準共有持分の38%(譲渡価格3,230百万円
『投資法人みらい・第9期(2020年10月期)決算・一口当たり分配金は1,429円』の画像

 投資法人みらいが2020年11月24日に小田急資材管理センター(底地)を取得すると発表しました。【出典:投資法人みらいプレスリリース】取得資産の概要  ①取得資産:小田急資材管理センター(底地)  ②取得価格:2,300百万円   ③鑑定評価額:2,550百万円(2020年10月31日時
『投資法人みらい・安定収益確保のため小田原の底地取得を発表』の画像

 2020年11月9日に投資法人みらいが運用中のコンフォート新山口を譲渡すると発表しました。【引用元:投資法人みらいPRより】譲渡資産の概要  ①譲渡資産:コンフォート新山口   ②譲渡価格:920百万円   ③想定帳簿価額:870百万円(2020年4月時点)  ④売買契約締結日:
『投資法人みらい・コンフォートホテル新山口の譲渡を発表』の画像

↑このページのトップヘ